キングダム

キングダムネタバレ658話最新話確定考察!満羽が解放されたものとは?

キングダムネタバレ658話最新話確定考察!満羽が解放されたものとは?
Pocket

キングダム秦魏同盟軍VS什虎軍の戦いはヒートアップしてきましたね。

最新話では蒙武VS満羽の直接対決は満羽が蒙武を落馬させることから始まりました。

満羽が解放されたものとは何なのでしょうか?

そして、千斗雲が魏軍呉鳳明に迫るも龍范の黄金騎士団”光華狼”と秦の録鳴未軍に3報を囲まれましたが、全く動じることなく戦っています。

千斗雲は今後、どのように戦うのでしょうか?

什虎城に魏軍が攻撃をしたことも今後の戦局に大きな影響を与えそうです。

では「キングダムネタバレ658話最新話確定考察!満羽が解放されたものとは?」と題しまして658話のネタバレ考察をしていきます。

 

キングダムネタバレ658話最新話確定考察!満羽が解放されたものとは?


秦の蒙武VS楚の満羽の直接対決が始まりました。

蒙武は何を背負っている者で、満羽は背負っているものから解放された者として描かれています。

蒙武は先帝の思いを背負っています。

満羽はかつて何を背負っていて、今は何から解放されたのでしょうか?

楚の味方の兵士も知っている者と知らない者がいるようです。

満羽はかつて汨国時代に迫りくる楚の将軍たちを討ちまくった過去があります。

つまり、満羽はかつて汨国を守るという使命を背負って戦っていたが、楚軍との戦いで汨国は滅びて満羽の軍が残った過去があり、背負っていたものがなくなった虚無感を知っています。

その後、楚が満羽軍の強さを認めて、倒すことをあきらめて、満羽軍は什虎城を居城にして敵と戦ってきました。

蒙武との一騎打ちで満羽本人は「知っている。お前たちは追い込まれてから力を発揮する。背負うものが力を与えるからだ。俺もかつては大きなものを背負って戦っていた。今は解放された、楽なものだぞ、蒙武」と言っています。

兵士たちの会話では「その国が滅び、解放されたと言っているのか?」、「バカを言え、逆だ。俺たちは・・・満羽様は背負っているものから・・・」と途中で途切れて意味深な言い方になっていますが、満羽が国が滅びて背負うものがなくなって気持ちが楽になったという意味ではないことを示しています。

では、どうなったというのでしょうか?

兵士たちの会話がヒントになると思います。

「逆だ。俺たちは・・・満羽様は背負っているものから・・・」という兵士の言葉から満羽は背負っていたものから解放されたのではなく、逆に囚われてしまったのではないでしょうか?

つまり、背負うものがなくなった虚無感から逃れられないまま、魂がなくなった抜け殻のように生きている状態なのではないでしょうか?

背負うものがないから、もういつ死んでもいいと思うことで、戦闘の時には余計な緊張がない力が抜けて自在な状態を保てるので、どんな攻撃にもまっさらな状態で対応できる強さがあると言いたいのではないでしょうか?

これらか蒙武は全力で満羽を倒しに行くと思いますが、満羽が余裕で対応して蒙武がどんどん追い込まれていく展開になると思います。

しかし、土壇場で蒙武が底力を発揮して大逆転する展開になると思います。

今後の展開が楽しみです。

 

キングダムネタバレ658話最新話確定考察!3方向を囲われた千斗雲の今後の戦いはどうなる?


魏の呉鳳明の首を先に取れば勝ちだと考えた千斗雲は、秦の録鳴未軍との戦闘を避けて、直接呉鳳明の首を取りに行きました。

千斗雲の強さに対応できない魏の本陣はどんどん攻め込まれます。

このままではまずいと魏の本陣が思い始めた時に龍范の黄金騎士団”光華狼”が助けに来ます。

そして秦の録鳴未軍も後方から千斗雲軍に追いつきます。

千斗雲軍は魏の本陣と龍范の黄金騎士団”光華狼”と秦の録鳴未軍に3方向を囲まれてピンチを迎えます。

千斗雲自身は全くうろたえる様子はなく状況を楽しんでいるように見えますが、兵士たちには3方向を囲われた状況に不安になってきているようです。

千斗雲はこの状況にどう対応するのでしょうか?

考えられるパターンは2つです。

一つ目は千斗雲は敵に3方向を囲まれましたが、1方向だけ開いています。

その開いているところから一度外に逃げてから、魏本陣を遠巻きに回り込んで背後から呉鳳明の首を取りに行く方法が考えられます。

二つ目は千斗雲のイケイケの性格から考えて横から来た龍范の黄金騎士団”光華狼”と録鳴未軍を無視して呉鳳明を目指してまっすぐに進み、呉鳳明までたどり着くという方法です。

どちらの展開になっても千斗雲は秦魏軍をかなり蹴散らすことになると思います。

 

 

キングダムネタバレ658話最新話確定考察!騰将軍の進撃に寿胡王はどう対応する?


秦の騰将軍が魏の乱美迫軍の助攻により、楚の本陣に攻撃を仕掛けられるようになりました。

騰将軍の進撃は止まらず、什虎軍本陣の最終防衛線まで突入されました。

什虎軍の寿胡王は戦況を見つめて「秦軍主攻のために魏軍がつぶれ役になるとはな。いつから秦魏はそこまで仲良くなったのか」と冷静に分析をしています。

寿胡王はこの状況に対応するために策を練っているようです。

寿胡王は当面、騰将軍の進撃を止める必要がありますが、どんな手を打ってくるのでしょうか?

これは全くわかりません。

でも寿胡王は満羽の動きをとても目を配って気にして見ています。

寿胡王は満羽の心境をよく理解していて満羽の状況を見て策を仕掛けてくると思われます。

 

キングダムネタバレ658話最新話確定考察!什虎城を攻めた魏軍は城を落とせるか?


戦いは進軍した者同士だけだと思っていたところに、什虎城に魏軍の別動隊が襲い掛かるという展開になりました。

しかも魏軍は井蘭車を持っていて、城攻めの準備万端です。

井蘭車は魏軍が城攻めをする時にはいつも登場する兵器で、高いやぐらに車をつけて移動できるようにしてあり、やぐらの中を兵士が階段を上って上がれるようになっており、高い城壁の上に兵士を送り込むことができます。

中国にはあんな昔に井蘭車のような兵器が本当にあったのでしょうか?

中国の城の城壁は外敵からの防御のためにとても高く作ってあるのですが、それを攻略する兵器も当然開発されていたのでしょう。

私はキングダムに井蘭車が初めて登場した時にはとても興奮したことを覚えています。

井蘭車は城攻めの必須アイテムだなと思いました。

什虎城には強い武将が残っているのでしょうか?

普通に考えれば魏軍は什虎城を攻め落として、全体の戦いを有利に進めるでしょう。

知将呉鳳明が考えそうな戦略ですね。

什虎軍の寿胡王はどんな対策をとっているのでしょうか?

複数のファクターが複雑に絡み合ってきて、とても楽しみになってきました。

 

まとめ


さて「キングダムネタバレ658話最新話確定考察!満羽が解放されたものとは?」はいかがでしたか?

蒙武VS満羽の対決では「背負っているものがある」のと「背負っているものから解放されたもの」のどちらが強いかが今後描かれていきます。

3方向を囲われた千斗雲は周りの敵には目もくれず、一直線に呉鳳明の首を取ることを目指していくと思われます。

騰将軍の進撃を寿胡王は満羽の様子を観て何か策を練っているようですね。

什虎城を魏軍が井蘭車を使って攻撃したことで、魏軍が什虎城を落とすことができそうです。

これによって全体の戦局が大きく動いていきそうです。

最新話658話がとても楽しみですね。

これからもキングダムのネタバレ確定考察を書いていきます。