ワンピース

ワンピースネタバレ992話最新話確定考察!死なせてくれの意味は?

ワンピースネタバレ992話最新話確定考察!死なせてくれの意味は?
Pocket

こんにちは。2020年9月27日発売号の週刊少年ジャンプにワンピース991話が掲載されました。

 

この、991話のネタバレ確定考察を行うとともに、2020年10月5日発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース992話のネタバレ最新話考察をお知らせします。

 

ワンピースネタバレ992話最新話の予想考察!

Twitter

991話はまずライブフロアにドレークが現れたことをみんなが不思議に思うところから始まります。

「なぜ、飛び六胞のドレークがここにいるんだ」

「ドレークがなぜナンバーズを倒したんだ?」

と場内は騒然とします。

ドレークがコビーとルフィーについて話した時の回想シーンでは、コビーがルフィーは仲間になるととても頼もしいが、敵にするととても厄介だと言います。

ルフィーには人を惹きつける能力があると言います。

ルフィーはドレークに一緒にカイドウを倒すというのか?と確かめます。

ドレークは理由は言えないが、俺たちの目的は一緒だと言います。

そこにゾロが割って入り、「このどさくさに紛れてだまそうとするな」「あいつはホーキンスと同じでカイドウの手下だ」と言ってドレークを切りつけます。

ソロ、フランキー、ジンベイはドレークを疑って、ルフィーに信じるなと忠告しますが、ルフィーは「仲間に入れてやる」とあっけなくドレークを認めてしまいます。

そこへページワンとうるティが来てルフィーを倒そうとして恐竜化して襲い掛かります。

そこへウソップの緑星「ドクロ爆発草」がページワンに命中します。

うるティが「誰がやったんだ」と見渡すと、ナミがいて私がやったと言いますが、ウソップが怖いのでナミの後ろに隠れて怖がりながら言っていたのです。

当然ナミは怒ります。

ナミとウソップが言い合っているうちにページワンとうるティがナミとウソップに襲い掛かってくるので、2人は逃げ出します。

ページワンとうるティがナミたちに惹きつけられたので、ルフィーとサンジはカイドウのところに行くことにします。

そこへアプーが再び音で攻撃を仕掛けてきますが、ルフィーたちは耳をふさいで、防御します。

そこへ八茶がルフィーたちに倒されたナンバーズを持ち上げて投げてルフィーたちを倒そうとします。

でも八茶がフランキーの姿を見て惹きつけられているのをジンベイが見て、フランキーに「ドームから出ろ。あんな巨人がここにいたら侍たちは戦えないから。」と言います。

フランキーは走って逃げて八茶を惹きつけます。

一方でゾロはドレークを信じられずにいます。

しかしアプーがもっとナンバーズを呼び集めようとしていたので、ドレークとゾロが怒ってアプーを切りつけます。

そしてドレークが「気取り屋は嫌いだ」というと「俺もだ」とゾロが同意します。

そこへクイーンがマシンガンを打ち込み、「逃げられると思うなよ」と脅します。

ドレークたちは銃弾に当たりませんでしたが、ドレークはその銃弾が特殊なものであることに気づきます。

そして、カイドウのところではスーロン化したイヌアラシとネコマムシがジャックを倒します。

それに怒ったカイドウがついに自ら戦いに加わります。

カイドウはジャックをねぎらい、休むように言います。

一方錦えもんもミンク族の戦士たちの戦いぶりに感謝します。

カイドウが「熱息」を侍たちに向かって放ちます。

それを錦えもんは「狐火流 焔裂き」で真っ二つにしてカイドウに傷をつけます。

侍たちは「俺たちがにげるだと、笑わせるな」「おれたちは逃げも隠れもしない」「おでんの侍としてここで死なせてもらう」「お前も一緒に死んでもらう」と言ってカイドウに一歩も引かない姿勢を見せます。

 

ワンピースネタバレ992話最新話確定考察!死なせてくれの意味は?

Twitter

では、992話最新話を考察していきます。

 

ドレークが明かさない秘密はなに?

ドレークはゾロに「お前らの勝利の方がおれには好都合!」といって一緒に戦う理由を言いますが、ゾロは「中々正直だが立場を隠している」と疑います。

ゾロにとっては簡単に寝返るやつを信用できないということと、なにか勘が働いてドレークが立場を隠していることを疑っています。

ドレークはおそらく今も海軍とつながっていて、カイドウのところに来たのもカイドウの動きを監視するため、またはカイドウをつぶすために潜入していると思われます。

ドレークや海軍にとってはカイドウよりもルフィーの方が格下の勢力とみられているので、ルフィーがカイドウを倒してくれれば好都合だというのはわかります。

今までの話でも海軍は今はワノ国に回せる軍隊がないと言っていますので、この状況で海軍にとって良い結果を得るには、ドレークが海軍の立場としてはルフィー側に加担するのは理にかなっています。

今後、ドレークは自分の立場を隠しながらルフィーと共闘していくと思われます。

 

ナミウソップVSうるティページワンの対決はどうなる?

991話ではナミとウソップがうるティとページワンを惹きつけてルフィーの前から離れていきました。

ワンピースの過去の話のパターンから見てルフィーの仲間たちが別れ別れになってそれぞれの敵と個別に対決していく展開が予想されます。

うるティとページワンは「リュウリュウの実 古代種」の能力者で耐久力とパワーが強いことが特徴です。

一方で、ナミとウソップは耐久力とパワーは低いのは明らかで、2人は科学の力でどう対抗するかが見所ですね。

 

フランキーVS八茶の対決はどうなる?

991話では八茶がフランキーをおもちゃを見つけたかのような視線で興味を持ったことに気づいたジンベイは、フランキーにここから逃げて八茶を別な場所に移動させるように仕向けました。

今後はフランキーVS八茶の対決になることは確実ですね。

また、八茶は巨人でパワーと耐久力があるのは間違いなく、フランキーは自分の武器を使ってどう対抗するかが見所ですね。

フランキーにはまだ見せていない秘密の武器がありそうなので、期待が高まります。

 

クイーンが打ったマシンガンの銃弾は何?

991話ではクイーンがドレークたちに向かってマシンガンを発砲しましたが、ドレークに対してマシンガンを撃って当たったとしても倒せるわけないのは明白ですが、逆にそのことでドレークは銃弾に何か仕掛けがあることに気づきます。

果たしてクイーンの銃弾にはどんな秘密があるのでしょうか?

考えられるのは、海楼石でできた銃弾で、これを打ち込まれたドレークは能力を使えなくなるということです。

ワノ国ではカイドウによって武器が製造されていて、過去の話でホーキンスが海楼石の鋲を使っていたこともあり、海楼石の銃弾があっても不思議ではないと思います。

銃弾が海楼石ならドレークは手が出せなくなりますが、逆に能力者ではないゾロが活躍できる場面になりそうです。

 

赤鞘の侍たちVSカイドウの勝負はどうなる?

イヌアラシとネコマムシがジャックを倒したことで、カイドウが戦いに参加してきました。

部下のジャックを倒されて怒ったカイドウは赤鞘の侍たちを一網打尽にしようとして「熱息」で攻撃して一気に片をつけようとします。

しかし、錦えもんをはじめとする赤鞘の侍たちは絶対にカイドウを倒すという固い決意のもとに戦いを挑みます。

カイドウの「熱息」は錦えもんの「狐火流、焔裂き」で真っ二つに切り裂かれカイドウの顔が傷つけられます。

このことで、赤鞘の侍たちの攻撃はカイドウに通用することがわかりました。

巨大で強いカイドウに対して赤鞘の侍たちはそれぞれの必殺技で倒しに行くことでしょう。

それぞれの侍が持っている刀の種類も展開を左右しそうです。

そして、どこかの時点でルフィーが合流してカイドウを倒す展開になると思います。

これからの対決が楽しみです。

 

死なせてくれの意味は?

991話のタイトル「死なせてくれ」の意味は赤鞘の侍たちの「おでん様の侍として!もう死なせてくれ!」というセリフから来ています。

強い力を持つカイドウを倒すためには死を覚悟して戦いを挑もうとする赤鞘の侍たちの決意と、主君であるおでん様を殺された無念の強さを感じます。

 

まとめ

Twitter

さて、「ワンピースネタバレ992話最新話確定考察!死なせてくれの意味は?」と題しまして991話までの話をもとに992話以降の考察を行いましたが、いかがでしたか?

カイドウと赤鞘の侍たちの対決が今後の一番の見所ですね。

それにルフィーがどのように関わっていくのか、また麦わら海賊団のメンバーがそれぞれの対峙する敵にどう戦っていくのか、今後の展開が楽しみです。

今後もワンピースの最新話の考察をしていきます。